食事制限は限界まで頑張るべきか?筋肉を落とさない減量方法とは

MENU

食事制限は限界まで頑張るべき?

食事制限を限界まで頑張ってしまうと、体調不良、または病気にかかりやすくなるため、無理をしないことが大切です。

 

暴飲暴食などをしている場合には、少し量を減らしたり、栄養バランスを考慮した食事をするように心がけることが大切です。また、病気などで食事制限をする必要がある場合には、医師からアドバイスを受け、それを守るようにするといいでしょう。

 

また、ダイエットのために食事制限をする方のなかには、早く痩せたい、理想のスタイルを手に入れたいと、限界まで食事制限を頑張ってしまう方もいます。

 

ですが、限界まで食事制限をしてしまうと、体への負担などが大きく、免疫力低下、体力やそのほかにもさまざまな悪影響が出てしまうことも考えられます。基本的に食事では、体に必要なエネルギーや栄養を補うためには、とても重要なことといえます。

 

食べ過ぎ、偏食などの場合には、ある程度食事を見直す必要もありますが、あまり過度に食事の制限をかけることは健康的な食生活といえません。

 

常識の範囲内、また、自分の体質や生活の状況なども考えながら、自分の体に必要な栄養がしっかりと補えるように食生活を改善していくことで、自身の健康の維持につなげていきましょう。

 

 

 

食事制限ダイエットだと筋肉が減るの?

食事制限ダイエットでよく言われる「筋肉が減ってしまい新陳代謝が悪くなり逆に痩せにくくなってしまう」。これは本当なのか疑問に感じる方が多いでしょう。

 

結論から言うと、「誤解であるがあながち間違ってもいない」のです。要は正しい知識を身に着けて食事制限ダイエットを行えば、筋力を落とさずに成功できるのです。

 

無理な食事環境でダイエットする、一日に一食だけしか食べない、極端な方だと全く食べないという食事制限ダイエットをする方がいます。

 

これだと栄養素が不足してしまうので新陳代謝が落ちてしまい、脂肪だけでなく筋肉も一緒に激減するので、痩せるどころかリバウンドするという危険性があります。

 

一日三回食べているけど炭水化物を全く食べないという方法もありますが、これも方法によって成功か失敗に分かれます。炭水化物はエネルギーの源。全く摂らないと身体全体のエネルギーが失われて筋肉が分解されることから減ってしまい、痩せにくくなります。

 

炭水化物は完全に抜くのではなく減らすようにしましょう。運動を全くせず、食事制限だけに集中して身体を使わないだらだらした生活を送ると、必然的に筋肉は減ります。

 

単純ですが、実はかなり重大な問題点です。正しい食事制限ダイエットをすれば筋肉を落とす事なく、脂肪だけ減らせます。

 

 

 

食事制限でむくみが解消できる?

食事制限をすることでむくみの解消につなげていくことは、できる場合があります。

 

普段、食事などにあまり気をつかわずに食生活が乱れている場合には、偏食をしていたり、食べ過ぎや飲み過ぎの傾向がある可能性が高く、そのような食生活が続いていると体にはさまざまな悪影響が出る場合があり、むくみなどの症状も出る可能性があります。

 

塩分の摂りすぎや、お酒の飲み過ぎ、また水分の摂りすぎなどは、むくみになりやすいといわれています。

 

食事制限で適度な食事をすること、また、栄養バランスなどもきちんとした食事を日々、心がけていくことでむくみの解消につながり、自身の体の健康の維持にもつながります。

 

また、食生活を改善していくことで、ある程度生活習慣病の予防にもなるため、加齢に伴い、食生活なども健康を維持できるように、少しずつでも意識しながら改善を心がけていきましょう。

 

食べ過ぎや飲み過ぎの場合には、ある程度食事制限をしていくことは大切ですが、栄養バランスが極端に偏るような制限をしてしまうと、栄養不足などを起こす可能性もあるため、できるだけ食事全体から少しずつ量を減らしていったり、体に必要な栄養はしっかりと摂るような食事制限をしてけるように、心がけるといいでしょう。

 

 

 

食事制限が必要な場合とは?

食事制限が必要な場合とは、病気にかかってしまった場合や、体調不良、また、太りすぎてしまったり、スタイルを改善していきたい場合などに行うことがあります。

 

病気などで食事制限をする必要がある場合とは、病気が悪化しないように、また、改善していけるように医師などからの指導、アドバイスにより、生活習慣などの改善に役立てていくといいでしょう。

 

また、病気ではないにしろ、体調不良を起こして、だるい、疲れやすいなど、体の調子があまりよくない場合なども、食生活が原因の場合が考えられます。

 

自分で思い当たるような部分があった場合には、食事制限をして、体調を整えるためにも改善を心がけていきましょう。

 

また、ダイエットが必要な場合とは、さまざまな理由がありますが、食事制限をする場合には、栄養の偏りなどがでないようにバランスのよい食事を心がけ、食べ過ぎ、飲み過ぎなどを改善していきましょう。

 

あまり極端に食事を制限してしまうと、栄養不足などに陥ることもあるため、できるだけ栄養の偏りがでないように食事制限をしていくことが大切です。

 

さまざまな状況で食事を制限することもありますが、あまり極端な制限をしないことや、また、医師などからのアドバイス、指導などがある場合には、しっかりと守ることも大切です。

 

 

 

運動しなくても痩せられる?

糖質を抜く食事制限をすれば、運動をしなくても痩せることは可能です。そもそも運動だけでは、食べた分のカロリーをマイナスにするほどの効果は得られません。

 

ただし、ボディラインを整えたり、太りにくい体を作るには、運動はある程度しておいたほうがいいです。何も激しい運動をする必要はなく、通学や通勤で歩いたり、階段を使うなど基本的なことで構いません。

 

食事制限を実行して体が軽くなれば自然と動き易くなるはずですから、それほど意識しなくても良いでしょう。食事制限で糖質を制限する理由は、血糖値を上げないためです。

 

血糖値が上がると膵臓からインスリンというホルモンが分泌されて、使いきれなかったエネルギーは脂肪細胞に蓄積されます。これが肥満の原因になるので、糖質を控えるのが効率が良いということです。

 

糖質を控えると必然的に食べるものは肉、魚、卵といったたんぱく質が豊富なものになりますから、運動して筋肉をつけやすくなります。

 

脳はブドウ糖が唯一の栄養源なので、ブドウ糖が入ってこないと頭が働かないのではと心配になるかもしれませんが、脂肪を分解してブドウ糖の代わりのように使うシステムが人間には備わっているので、問題ありません。

 

 

 

食事制限に関して

食事制限をどうしてしたいのかを明確にすることで、食事制限以外の対策を組み合わせて使っていくことができ、目標の達成も近づく可能性があります。

 

例えば、運動を始めたり、基礎代謝をアップさせたりなどがあります。

 

ダイエットを頑張っているのになかなか痩せられないという人は、基礎代謝を下げる原因を抱えている場合が多いです。

 

起きて活動しているときにはより多くエネルギーが消費されますが、意識しながらいつもの呼吸法を変えるだけで基礎代謝がアップして、より多くのエネルギーが消費されます。

 

基礎代謝が小さい人は、呼吸法の勉強をしてみるのも良いかもしれません。

 

参考サイト:呼吸法を変えるだけで基礎代謝をアップ